貴方が創る!宇宙戦艦ヤマトの果てしなき世界・・・。PART1

勝手に話を終了させると該当者に対し天球儀全CGIへのアクセス禁止処置を行います。

第一回ログ
第二回ログ
第三回ログ
第四回ログ



ビーメラ星老人「ジョウオウサマ、がみらす、カンケイ、タテ。」
ビーメラ星女王「ワタシ、ソウ、オモウ。がみらすハ、テキ、キョウカラ。」
ゲール「俺も連れて行け。」
ビーメラ星女王「ダメ、シネ。」
効果音「プシューン。」
ゲール「うおっと・・あぶねぇ。」
効果音「ぴぴぴぴぴ。」
ゲール「こちら、ビーメラー星守備隊長のゲール。ビーメラー星で大規模反乱。」
シュルツ「ゲール、待っていてくれ。すぐに助けに行くぞ。」
ガンツ「全艦、ビーメラー星までワープ!」
シュルツ艦乗務員「了解、ワープ。」
ヤレタラ「全パトロール艇、シュルツに続きワープ。」
小型ガス生命体「ではわたしたちも・・・。」
ヤレタラ「うわっ、艇が食われる」
ナレーション「そしてワープアウトした艦隊が見たものは…」
ガミラス兵士「小型ガス生命体の巣・・・ですかね?これは。」
シュルツ艦乗務員「たぶん」
デスラー「たぶんだと?そんなの報告になるか!やり直せ!」
ヒス「・・・・・と、総統はお怒りだ。さっさと善処するように。」
タラン「ヒス副総統、何故ここに居られる。牢獄に居たのではなかったのか。」
ガミラス兵士「その牢獄から申されております」
デスラー「君は死刑だ」
浮遊大陸司令部員「ううっまだ死にたくない・・・(泣)」
ガミラス兵士「俺もだ、俺は生きてガミラスの土を踏みたかった・・・。」
ガンツ「シュルツ司令!何処におられる。」
シュルツ艦乗務員「たぶん」
シュルツ「あほ。(バキューン)」
ガミラス兵士「おい、やられたか。」
シュルツ艦乗務員「たぶん。(死)」
係員「「たぶん」で死ぬなよ」
「おいおい、元の話にもどろうぜ(白色彗星)」
ナレーション「へ?元の話って」
古代進「ん?なんだあれは・・・。」
ドメル「デスラー総統!! ヒス副総統がヒスを起こしてヒス菌をばら撒いています。多くの将兵がヒス菌に感染した模様です」
デスラー「なんだと!!!」
ナレーション「wtiwypuw」
効果音「↑???」
艦橋作業員「だ・・・第一艦橋被弾っ・・・古代さん、応答してください!」
根本「なんだって!?」
島大介「古代なら今トイレだ!」
ナレーション「rrurrwrr」
効果音「(?)まったく・・・俺が荒らしでなんでこういう人は荒らしになんないんだよ・・・」
ドメル「うろたえるなゲール」
ゲール「いいや、ドメル。これは武者震いさ・・・!いや、です!!」
相原義一「戦闘隊長、早く戻ってください!」
古代進「取り込み中〜。」
ドメル「実は俺の声にエコーをかけるとズォーダーなのだ!」
SS風将校「PMwOXBzqM」
シュルツ「NpYUyONcdRIErcY」
ドメル「俺はドメルだよな?ロメル??誰なんだ???」



・ 同じ人物が続けて発言することはできません。
・ タグを使用したり、全角150字を超えると登録されません。
・ ポルノ発言は即刻削除します。
・勝手に話を終了させると該当者に対し天球儀全CGIへのアクセス禁止処置を行います。

[管理用]


管理者 Kuyou Sagami : WeB DoRaMa v1.25 [Shigeto Nakazawa]